ロゴ
HOME>特集>健康な歯は歯医者選びが重要!予防歯科をはじめよう

健康な歯は歯医者選びが重要!予防歯科をはじめよう

親子

予防歯科で受けられる治療の種類について

四日市の歯医者では悪くなった歯の治療後のケアをきちんとしたり、健康な歯を維持したりするために欠かすことのできない予防歯科を行っています。予防歯科では虫歯の発生を防ぐため、定期的にフッ素塗布を受けることができます。液体やゲル状のフッ化ナトリウムを歯面に塗布したり、イオン導入法という機械を使って一気に高濃度のフッ素を塗布したりする方法があります。また歯の表面につく着色汚れ(ステイン)は、ジェット水流機やステイン除去用のポリッシングクリームをラバーカップやブラシにつけ、エンジンを低速で振動させて綺麗に落とすことができるステイン除去を行います。歯に付いた歯垢や歯石は、超音波スケーラーやハンドスケーラーを用いて取り除くスケーリング(除石)を行います。そして取り除いた後は再び汚れがつかないように、適切な方法で歯磨きができるようブラッシング指導(TBI)が受けられます。染色液を使って歯を染め出すと磨き残しの場所が染まって残るので、ひと目ですぐに分かるためブラッシング指導ではよく取られる手法です。

歯型

予防歯科ができる歯医者選びのポイント

特に歯に関する自覚症状がなくても、予防歯科の大切さを説明しくれる歯医者であることが第一です。四日市で予防歯科に力を入れている歯科医院では、歯医者はもちろん予防歯科の指導ができるように歯科衛生士を多く常勤させているところもあります。歯科衛生士は虫歯や歯周病の原因となる汚れを取り除き、適切なブラッシング方法を教える専門家で、歯科衛生士が多くいればいるほど、予防歯科に関する指導に時間をかけることが可能です。歯医者が通常の治療を行うために必要なユニット数(診察台数)だけより、歯科衛生士が専用に使えるユニットを揃えている歯科医院の方が、予防歯科により力を入れていると言っていいでしょう。いつも同じ歯科衛生士が担当してくれるシステムを採用しているところなら、予防歯科に対する知識や情報を早く習得でき、疑問点については解消しやすいというメリットがあります。